GrapeCity inc.

Salesforceをもっと便利に、もっと快適に。

ニュースリリース

Salesforceプラットフォーム向けのグレープシティ製品についてのニュースリリースです。

Salesforceの作業時間を大幅短縮するアプリ発売
- 一括編集ビュー作成アプリ GrapeCity Spreadsheet for Salesforce -

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、Salesforce向けソリューションのシリーズ「GrapeCity for Salesforce」の第2弾として、SalesforceにExcelライクなユーザーインタフェースを提供するAppExchangeアプリ「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce(グレープシティ スプレッドシート)」を12月7日に発売します。1ユーザーの月額利用料は1,500円(税別)です。

顧客管理などのクラウド型プラットフォームとして世界中の企業に導入されているSalesforceはビジネスモデルに合わせて、簡単にデータベースの設計ができる一方で、以前からデータの編集や登録、検索を行うユーザーインタフェース(UI)の操作性向上を望むユーザーの声が多くありました。

今回発売するGrapeCity Spreadsheetは、業務担当者のデータ更新作業を大幅に効率化することができるAppExchangeアプリですSalesforceのデータをMicrosoft Excel®のような柔軟な一覧形式で参照したり編集したりできるため、標準機能で作成するビューよりもはるかに使いやすく、業務担当者は従来の何倍もの効率で作業が行えます。

ビューの作成方法はとても簡単で自分の作業に必要な項目を選ぶだけ。作成されたビューはExcelのようにデータをソートしたりフィルタリンクしたり、グループ化も自由自在です。表示だけでなく新規登録やデータの一括編集も可能。Excelとの親和性が高くExcelから直接データをコピー&ペーストすることもできます。さらに、条件付き書式といったExcelで使い慣れた機能も充実しています。Salesforceと完全に統合されており、プラグインなどのソフトウェアは一切不要。MacやWindowsで動作するブラウザだけですべての操作を行えます。

また、Salesforceに搭載されているSNS機能であるChatter(チャタ―)にも対応しており、新規ToDoの登録や行動履歴などのChatterフィードもSpreadsheet上で利用できます。なお、データベースのテーブル設定やデータチェック機能は全てSalesforceを継承しているため不正なデータは入力できません。

グレープシティでは、Spreadsheetの発売を記念し「2ユーザーずーっと無料キャンペーン」と「全ユーザーずーっと33%OFFキャンペーン」を本日から実施します。

GrapeCity Spreadsheet for Salesforceの機能と特長

登録・編集が可能な一覧ビューの作成

Salesforceのオブジェクト(取引先、取引先責任者、リードなど)に対して複数のビューを簡単に作成できます。ビューに表示する項目はオブジェクトおよび参照オブジェクトの項目から選択できます。ビュー上に表示したデータは参照のみでなくSpreadsheet上で直接編集・更新・削除が可能です。

1つのオブジェクトに対して、複数のビューを作成できるので、ビューを切り替えながら作業をすることで現場の仕事効率が飛躍的に高まります。ビューはゼロから作ることも、Salesforceの既存のビューをインポートすることもできます。

登録・編集が可能な一覧ビューの作成

Excelのような操作性

SpreadsheetのビューはExcelのように操作することができます。データのソートやフィルタリング、グループ化のほか、条件付き書式の設定も可能です。また、キー操作にも対応しています。例えば、「F2キー」でセルを編集モードにしたり、[Ctrl]+[C]、[Ctrl]+[V]でコピー&ペーストしたりなど効率よくデータの編集を行えます。さらに、シート状の文字列検索や置き換えもExcel同様に行えます。

Excelシートからの直接コピー

Excelシート上のセルをコピーして、Spreadsheetに直接貼り付けることができます。ExcelやCSVに登録された見込み客のデータを一括コピーでSalesforceのリードのビューに貼り付けるといった使い方が可能です。標準のインポート機能を使うよりもはるかに早くデータを登録できます。

Excelシートからの直接コピー

条件付き書式の設定とフィルタリング

データの値によってセルの背景色や文字色を動的に変えることができます。自分の担当している項目のみ背景色を変えたり、来週の日付だけ赤字で表示したりするといったことが可能です。一覧上でのデータの視認性を高め目的のデータを見つけやすくします。

条件付き書式の設定とフィルタリング

標準ビューのインポート

Salesforceの標準に登録されているビューをインポートできます。普段利用しているビューの条件や項目などをそのまま移行できます。

標準ビューのインポート

Excel/CSVエクスポート

Spreadsheetで作成したビューは、フィルタリングやグループ化などの設定を保ったままExcelに出力できます。Excelで再設定する必要ありません。CSVに出力することも可能です。

Excel/CSVエクスポート

Chatterフィードの登録機能

SalesforceのSNS機能「Chatter」を利用できます。一覧上のデータをクリックして選択するだけで、そのレコードに紐づいたChatterフィードを表示します。また、新規ToDoや新規行動の登録も可能です。

Chatterフィードの登録機能

価格とライセンス

GrapeCity for Salesforceはサブスクリプションによるクラウドサービスです。利用期間(月単位)、 利用ユーザー数に応じた価格となります。

初期費用 無料
月額利用料(税別) 1,500円/1ユーザー

※ 最低10ユーザーからの契約で1年単位の自動更新。
※ メールによる基本的なテクニカルサポート料金を含む。

発売記念キャンペーンについて

Spreadsheetの発売を記念し、2016年12月7日から2大キャンペーンを実施中します。両キャンペーンは併用することも可能です。

2ユーザーずーっと無料キャンペーン

2ユーザー分の月額利用料を永続的に無料でご利用できます。更新時にも料金はかかりません。

全ユーザーずーっと33%OFFキャンペーン

全ユーザーの月額利用料を永続的に33%割り引きます(1,500円→1,000円/1ユーザー)。更新時も割引が適用されます。

キャンペーンの詳細はWebサイトにてご確認ください

http://gcsf.grapecity.com/campaign/

お問合せ

本件に関するお問い合わせは、下記窓口にて承っております。

一般の方のお問合せ先

グレープシティ株式会社 ツール事業部 営業部
メールアドレス sales@grapecity.com
電話番号 048-222-3001

報道関係のお問合せ先

グレープシティ株式会社 ツール事業部 マーケティング部
メールアドレス newsrelease_GC@grapecity.com
電話番号 022-777-8210

無料で30日間フル機能をお試しいただけます

GrapeCity for Salesforceは、AppExchageサイトからトライアルできます。
無料で30日間フル機能をお試しいただけます。