GrapeCity inc.

Salesforceをもっと便利に、もっと快適に。

GrapeCity Spreadsheetfor Salesforce

標準ビューよりもはるかに見やすく、登録・編集・削除もできる一覧形式のビューを簡単に作成できます。ビューの操作感覚はExcelと類似しているので、誰でもすぐに使いこなせます。自分の作業に合わせたビューを作っておけば、Salesforceのデータ管理作業がずっと楽になります。

今すぐトライアル方法を確認する

GrapeCity Spreadsheetでできること

  • Excelのような操作性

    インラインでのデータ直接編集、ウィンドウ枠の固定、フィルタ/ソート、ドラッグフィルなどExcelの操作性をSalesforce上に再現しています。

  • Webブラウザで完結

    Salesforce同様Webブラウザで動作し、エクスポートや外部連携の必要はありません。クラウドならではの利便性を保ちつつExcelの操作性を維持しています。 

  • Salesforceに融合

    標準オブジェクトはもちろんカスタムオブジェクトも表示可能で、Chatterなど固有の機能も含めSalesforceと融合しています。 

こんな問題・ご要望はありませんか?

  • Excelの操作感覚を維持したままSalesforceに移行したい
  • ブラウザ内で一括編集したい
  • SalesforceとExcelとの間で複数のデータをコピー&ペーストしたい
  • 関連オブジェクトも同じ画面に表示したい
  • 一覧を表示しながらChatterへの投稿や新規ToDoを登録したい 

GrapeCity Spreadsheetで解決できます!

機能・特長

入力/編集/削除が可能な一覧ビューを作成

入力/編集/削除が可能な一覧ビューを作成

オブジェクトに対して複数のビューを作成できます。データの一括登録/編集が可能なため業務ごとにビューを使えば作業効率が大幅にアップします。

Excelから直接コピー&ペースト

Excelから直接コピー&ペーストでデータを一括入力できます。データローダやインポートウィザードなどを使ったことがない現場担当者もデータを一括で入力できます。

Excelから直接コピー&ペースト
一覧を表示しながらのChatterとの連携

一覧を表示しながらのChatterとの連携

Chatterによるコミュニケーションや新規ToDo、新規行動の登録が、業務に合わせた一覧を表示しながら行うことができます。

標準ビューからのインポート

Salesforce標準ビューからGrapeCity Spreadsheetへのインポートが可能です。標準ビューからシームレスにGrapeCity Spreadsheetを使ったビューに移行できます。

標準ビューからのインポート

充実の機能

  • 列の固定
  • フィルタ
  • 降順/昇順ソート
  • 和暦表示・通貨表示
  • 条件付き書式で強調表示
  • キーボード操作
  • インライン編集
  • ドラッグフィル
  • 元に戻す・やり直し
  • 検索と置換
  • レコードのピン留め
  • ビューの共有
  • Excel・CSVエクスポート
  • カスタムオブジェクト対応
  • 関連オブジェクトの表示
  • 全画面表示
  • アクション列
  • 閲覧ペイン

導入のメリット

担当者の作業効率が向上し、本来の業務に注力できます

商談のステータス変更や日付変更、大量データの一括入力を編集・入力可能なビューで行うことによって作業効率が大幅に向上します。増えた時間を本来の業務に使うことができます。

管理業務の効率向上、部下の育成や商談の確度向上を期待できます

部下とのコミュニケーションやToDo、行動を直接指示できる一覧を使うことで、管理業務の効率向上が図れ、部下の育成や商談の確度向上を期待できます。

Salesforceの定着化が図れます

Excelを使った業務からSalesforceに移行したけれど、現場が使ってくれない。ExcelライクなUIをがあればシームレスにExcelからSalesforceに移行できます。

ユースケース

Salesforceを使った実際の業務でのGrapeCity Spreadsheetの使い方をご紹介します。

インサイドセールス担当者とSalesforce

業務内容

  • 製品をトライアルしているお客様に電話をかけて利用状況を伺います
  • 対象者は別のシステムからCSVで取り出し、Salesforceに登録します
  • 架電の結果をSalesforceに記録します

Salesforceの使い方

  1. Salesforce標準のデータインポートウィザードを使って別システムから取り出したExcelデータをSalesforceのリードに登録
  2. 登録したリードを見ながら架電
  3. 架電結果をSalesforceに入力

GrapeCity Spreadsheetを使うと

標準のビューではできない一覧を表示しながらデータ入力
ExcelからSalesforceに直接コピー&ペーストが可能
ExcelからSalesforceに直接コピー&ペーストが可能
一覧を表示しながら長い文章を入力できる
一覧を表示しながら長い文章を入力できる

GrapeCity SpreadsheetはExcelでセル範囲を指定して値をコピーするのと同じ感覚で、Excelシート上のデータをSalesforceにコピーできます。フィールドの並び順だけそろえておけば、データインポートウィザードなどで項目をマッピングさせることなくあっという間にデータをSalesforceに登録できます。一覧を表示しながら、架電内容のような長い文章の入力が簡単です。詳細画面を開くことなくレコードに文章を入力できるため作業効率がとてもよくなります。

営業マネージャとSalesforce

業務内容

  • 商談データの進捗管理しています
  • 進捗が止まっている商談があれば部下をサポートします
  • 毎月の失注商談は、失注理由を分析します

Salesforceの使い方

  1. Salesforce標準のレポート・ビューを作成
  2. 作成したレポート・ビューを定期的にチェック
  3. データの修正やChatterへの投稿は詳細画面で入力

GrapeCity Spreadsheetを使うと

標準レポートではできないExcelライクな編集機能
柔軟な条件付き書式でレコードの視認性アップ
柔軟な条件付き書式でレコードの視認性アップ
フィルタや並べ替えも自由
フィルタや並べ替えも自由
使いたいフィールドにチェックを入れるだけ
使いたいフィールドにチェックを入れるだけ
ビューはいくつでも作成可能
ビューはいくつでも作成可能
一覧のままのインライン編集やChatterへの投稿
一覧のままのインライン編集
一覧のままのインライン編集
一覧を表示しながらのChatterへの投稿
一覧を表示しながらのChatterへの投稿

GrapeCity Spreadsheetは標準レポートでは実現できないインライン編集を可能にします。詳細画面を開かなくてもデータ編集や一括変更、セル間のコピー&ペーストができるため進捗管理で頻繁に行うステータス更新などの作業がぐっと楽になります。また、標準レポートの条件書式設定よりもはるかに柔軟な条件付き書式を設定できるため、目的のレコードをすぐに視認することができます。

使い方を動画で紹介

GrapeCity Spreadsheetの使い方を動画で解説します。

オンラインヘルプで使い方を学習する

GrapeCity Spreadsheetのスタートガイドでは、主な機能や画面の説明から「取引先」オブジェクトを例に詳しい使い方を紹介しています。

GrapeCity Spreadsheet for Salesforceのスタートガイドを見る

オンラインヘルプ

テクニカルサポートを利用する

製品に関する技術的なサポートを提供しています。製品の使用中に生じたご質問や問題に技術スタッフが電子メールでお答えします。また、みなさまからお寄せられるよくある質問も公開しています。

140,000ライセンス、
20年以上の販売実績を持つSPREADの技術を結集

GrapeCity Spreadsheetは1994年に発売を開始した開発コンポーネントSPREADの技術を結集したアプリケーションです。移り変わりの激しいIT業界の開発現場でありながらSPREADは開発の現場で利用され続け140,000ライセンス、20年以上の販売実績を持ちます。VBX、ActiveX、Windows Forms、ASP、JavaScriptと様々なプラットフォームで利用され続けてきたSPREADの優れたUIをSalesforceプラットフォーム上で表現しています。

価格

GrapeCity for Salesforceはサブスクリプションによるクラウドサービスです。利用期間(月単位)、利用ユーザー数に応じた価格になります。

製品名 月額利用料(税別)
GrapeCity Spreadsheet for Salesforce 標準価格1,500円/1ユーザー

※ 最低10ユーザーからの契約になり、1年単位の自動更新になります。また、途中解約による返金はありません。
※ 価格にはメールベースの基本的なテクニカルサポートが含まれております。

無料で30日間フル機能をお試しいただけます

GrapeCity for Salesforceは、AppExchageサイトからトライアルできます。
無料で30日間フル機能をお試しいただけます。