GrapeCity inc.

Salesforceをもっと便利に、もっと快適に。

GrapeCity Spreadsheetfor Salesforce

Excel感覚でSalesforceを使うと世界が変わる!

GrapeCity Spreadsheetなら
Excel風の一覧型ビューをカンタン作成

  • Excelのような操作性

    インラインでのデータ直接編集、ウィンドウ枠の固定、フィルタ/ソート、ドラッグフィルなどExcelの操作性をSalesforce上に再現しています。

  • Webブラウザで完結

    Salesforce同様Webブラウザで動作し、エクスポートや外部連携の必要はありません。クラウドならではの利便性を保ちつつExcelの操作性を維持しています。 

  • Salesforceに融合

    標準オブジェクトはもちろんカスタムオブジェクトも表示可能で、Chatterなど固有の機能も含めSalesforceと融合しています。 

GrapeCity Spreadsheetを導入するメリット

データの見通し向上

Excelのようにグループ化したり、さまざまな条件でフィルタリングしたりできます。エクスポートしてからの加工ではないので、リアルタイムでSalesforceデータの見通しがバツグンに良くなります。

業務効率UP

誰でもカンタンにいくつでもデータ編集可能な一覧ビューが作れます。メール配信停止作業用、商談フェーズ作業用など業務ごとに必要な項目の作業用一覧ビューを作っておけば業務効率が格段に上がります。

データ編集が速い

SpreadsheetのビューはExcelライク。セルのコピーや貼り付け、データ検索、一括置き換え、条件付き書式の設定などExcelと同じように操作できます。Excelと同じなので誰でも素早くデータ編集ができます。

GrapeCity Spreadsheetでできること

機能・特長

入力/編集/削除が可能な一覧ビューを作成

入力・編集・削除が可能な一覧ビューを作成

オブジェクトに対して複数のビューを作成できます。データの一括登録/編集が可能なため業務ごとにビューを使えば作業効率が大幅にアップします。

Excelから直接コピー&ペースト

Excelから直接コピー&ペースト

Excelから直接コピー&ペーストでデータを一括入力できます。データローダやインポートウィザードなどを使ったことがない現場担当者もデータを一括で入力できます。

一覧を表示しながらのChatterとの連携

一覧を表示しながらのChatterとの連携

Chatterによるコミュニケーションや新規ToDo、新規行動の登録が、業務に合わせた一覧を表示しながら行うことができます。

標準ビューからのインポート

標準ビューからのインポート

Salesforce標準ビューからGrapeCity Spreadsheetへのインポートが可能です。標準ビューからシームレスにGrapeCity Spreadsheetを使ったビューに移行できます。

充実の機能

  • 列の固定
  • フィルタ
  • 降順/昇順ソート
  • 和暦表示・通貨表示
  • 条件付き書式で強調表示
  • キーボード操作
  • インライン編集
  • ドラッグフィル
  • 元に戻す・やり直し
  • 検索と置換
  • レコードのピン留め
  • ビューの共有
  • Excel・CSVエクスポート
  • カスタムオブジェクト対応
  • 関連オブジェクトの表示
  • 全画面表示
  • アクション列
  • 作業ウィンドウ

例えばこんなビューが作れます

見通しの良い商談ビュー

取引先ごとの状況を見ながら、一覧上でデータ編集ができます。

3

このビューを作るのにかかった時間

見通しの良い商談ビュー

データローダ不要の一括コピー

ExcelやCSVにある大量のリードデータでも、すぐにSalesforceに登録できます。

1

100人以上のリード登録にかかった時間

データローダ不要の一括コピー

使い方を動画で紹介

GrapeCity Spreadsheetの使い方を動画で解説します。

オンラインヘルプで使い方を学習する

GrapeCity Spreadsheetのスタートガイドでは、主な機能や画面の説明から「取引先」オブジェクトを例に詳しい使い方を紹介しています。

GrapeCity Spreadsheet for Salesforceのスタートガイドを見る

オンラインヘルプ

テクニカルサポートを利用する

製品に関する技術的なサポートを提供しています。製品の使用中に生じたご質問や問題に技術スタッフが電子メールでお答えします。また、みなさまからお寄せられるよくある質問も公開しています。

140,000ライセンス、
20年以上の販売実績を持つSPREADの技術を結集

GrapeCity Spreadsheetは1994年に発売を開始した開発コンポーネントSPREADの技術を結集したアプリケーションです。移り変わりの激しいIT業界の開発現場でありながらSPREADは開発の現場で利用され続け140,000ライセンス、20年以上の販売実績を持ちます。VBX、ActiveX、Windows Forms、ASP、JavaScriptと様々なプラットフォームで利用され続けてきたSPREADの優れたUIをSalesforceプラットフォーム上で表現しています。

価格

GrapeCity for Salesforceはサブスクリプションによるクラウドサービスです。利用期間(月単位)、利用ユーザー数に応じた価格になります。

問合せ先を確認する

製品名 月額利用料(税別)
GrapeCity Spreadsheet for Salesforce 標準価格1,500円/1ユーザー

※ 最低10ユーザーからの契約になり、1年単位の自動更新になります。また、途中解約による返金はありません。
※ 価格にはメールベースの基本的なテクニカルサポートが含まれております。

「まるわかり資料」を入手して、機能を試してみよう。

まるわかり資料にはSpreadsheetを利用するとSalesforce業務がどうして効率化できるのかを詳しくご説明しています。
具体的な使い方もたくさん掲載していますので資料を読んで、ぜひSpreadsheetを試してみてください。